三重県の棚田と検索すると名所として出てくるのは次の3つ。

  • 三重県亀山の「坂本棚田」
  • 三重県松阪の「深野のだんだん田」
  • 三重県熊野の「丸山千枚田」

さらに、この中でも超有名なのは「丸山千枚田」であることは間違いありません。

ということで、「じゃあ熊野まで行ってみるか」と気軽に行ければいいのですが、京都府南部からだとかなり遠い。

そこで京都府南部や滋賀県南部、奈良県北部、大阪府の東側にお住いの方が棚田の美しさを楽しみたいなら、おすすめなのが三重県伊賀市にある「西山の棚田」です。

西山の棚田の場所

国道163号線、県道138号線からアクセスすると迷わずに到着できます。

行き慣れている人ですと不安はないと思いますが、この地域を初めて訪問される方からすると、途中「本当にそんな場所があるの?」と疑問が出てくるかもしれません。でも大丈夫です。そういう雰囲気の場所に棚田はあります。

西山の棚田とは

ものすごく簡単に説明します。三重県伊賀市西山地区にあります。

西山の棚田「展望公園」
隠れた名所!西山の棚田「展望公園」

令和2年(2020年)4月に「国指定棚田地域」となりました。指定に合わせて、西山の棚田を一望できる展望公園が2020年2月28日に竣工。

地元からのメッセージ

西山地区にお住いの方の尽力によって、荒れていた田の修復と維持が行われています。

西山の棚田の解説

近くにある名所を紹介

波敷野棚田

波敷野棚田

西山の棚田から東へ向かい、国道422号線を越えるように進んだところにあります。

こちらの棚田の方が、棚田全体の面積は広いです。遠くまで棚田が続いています。

見渡すと一面の棚田
山の際まで棚田

また、西山の棚田の展望公園ほどではありませんが、棚田を一望できるような休憩場所が設置されています。

折りたたみ式の椅子があります
展望できる場所もあります

車通りも少なく、空に電線も無いのでバイクの撮影場所としてもおすすめです。

バイク雑誌にありそう

西山の棚田と一緒に巡ることができる距離にあります。両方訪問してみてください。

天吹山の霊泉

天吹山の霊泉
天吹山の霊泉

場所は「伊賀コリドールロード」沿いにあります。

西山の棚田と波敷野棚田の間にあります。近くには「険道」と呼ばれる県道138号線が走ってます。

水源の説明

一年を通して水を汲みに来る人が絶えない霊泉です。

水汲み場

車で来られる方が多く、一度に2リットルのペットボトル10本くらい汲んで帰られる方を見たことがあります。ただ、こちらの霊泉は、そのまま飲んでも大丈夫なのかどうかわかりません。現場にも何も書かれていませんので、沸かしてからの方が安全かと思います。

水汲み場には「トラ」が居ます。誰が置いた?

車は3台くらい駐車できるようになっていますが、霊泉を汲む場所は一か所なのでお互いに配慮しながら使いましょう。

車3台分くらいです

独り占めはいけません。休憩場所もあるので、ゆっくり順番に楽しく汲んでいただきたいです

3本汲んだら順番を変わろう

霊泉近くにはハイキングコースもあります。

かなりザックリとした図

また、霊泉の前を走る道路は「伊賀コリドールロード(広域農道)」のため、車が止められるスペースや曲がり角には、印象的な看板を見ることができます。

笑顔が眩しい

伊賀なのでイラストは「忍者」と思いきや、乳牛と豚です。伊賀牛ではないようです。

しかし「ウルグアイ・ラウンド」ってナニ?気になった人はこちらのWikipediaをご覧ください。勉強になります。今まで知らんかったけど。

2021年10月の西山の棚田

2021年10月20日

2021年の10月には、鮮やかな赤のジャケットを羽織ったスマートな方が東屋にいらっしゃいました。

ピンクのクマがかわいい

2022年に入ってからは、梯子の方しかいらっしゃいません。

今も健在

10月20日は稲刈りも完全に終わった後なので、畦だけが青々として棚田の輪郭が目立っています。

パッチワークみたい
これはこれで美しい

ところどころ刈り取った稲の根元から新芽が出ている田もあります。二毛作の地域ではないので、このまま来年まで放っておくことになります。地域によっては稲の後に小麦を育てるところもあります。

秋の景色
来年まで休眠

2022年4月の西山の棚田

2022年4月5日

4月5日の西山の棚田は、田植えの準備が少しずつ進んでいました。

田起こしされた棚田

田の土が掘り起こされ、田植えの準備が始まっています。

田起こしだけでも大変そう

4月の初旬ということもあり、展望公園近くの桜が満開。

桜が満開
お花見中
桜並木

春になったので、この辺りをツーリングするバイクも増えてきました。

ソロライダー

春らしい木漏れ日も気持ちいい展望公園です。

ぽかぽか・・・昼寝できます

そして4月らしく、展望公園に植えられている「ミツマタ」が見頃を迎えていました。

1週間前がベストシーズン
フォトコン用っぽいフォーカス

来年はもっと大きく育ってほしいです。3年くらいしたら群生地になってほしい。

この木は見頃でした

ムスカリもひっそりと咲いています。

放っておくと簡単に群生します

少しずつ手が入っています。展望公園がにぎやかになってきています。

2022年5月の西山の棚田

2022年5月15日

5月15日の西山の棚田は、田植えが始まりました。

これぞ棚田

これぞ「棚田」という景色です。水の入った田が鏡になって空を映します。

空と地面が混在
晴れると雲も映ります

こういう風景を維持したいですが、手間と労力がかかります。維持するのは簡単ではありません。農作業はできません(全く役に立たない)ので寄付など出来ることで協力する必要があります。

水鏡

展望公園の近くには、こんな花も咲き始めていました。

棘が痛そう
春らしい黄色

何度見ても美しい棚田。

絶景ですよ

そして4月には見頃を迎えていた「ミツマタ」ですが、花の時期は終わり、青々とした葉が勢いよく育っています。

Z125PROとミツマタと原田哲也レプリカヘルメット
こっちはミツマタだけ

棚田の中でも田植えが難しそうな部分も田植え機が活躍していました。

黄色のカブがオシャレ

スマホで田植え中の光景を動画撮影されてました。時代だなぁ~

2022年6月の西山の棚田

2022年6月8日

6月8日の西山の棚田は、苗が育って伸びていました。

順調に伸びています
水鏡だったのが緑の絨毯に

一カ月ぶりに訪問しましたところ、新たな試みが行われていました。

無料配布は無くなってました

無料プレゼントに続いて、地元で採れた「小梅」の販売も。1袋100円です。

レシピも用意されてます

1袋購入してZ125PROのシートバッグへギュギュっと入れて帰りました。「カリカリ小梅」と「梅ジャム」を作ると奥さんが宣言しております。展望公園の前には「小梅」を強くアピールする看板も登場。

本日販売中の看板(手書き)

確かに「激安」です。嘘はありません。

手作りされた看板も

小梅に気を取られて、棚田を楽しむのを忘れそうになってました。危ない。棚田の苗が育っています。

これから伸び盛りです

少し伸びた苗で棚田が緑に変わっています。

カブトエビは発生するのか気になる
青空とのコントラストが美しい
角度によっては鏡になります

山から風が降りていくと、伸びた苗の先がそよそよ動きます。都会では見られない風景です。

山側から吹く風で順番にそよぐ苗

で、展望公園でもうひとつ見ておきたいのが花や木です。なんと、これまでは目立たなかった「ホワイトジンジャー(花しょうが)」が一気に大きくなっています。

しょうがパワーで元気いっぱい!

イロハもみじもしっかりと育ってきています。秋の紅葉が楽しみです。

モミジは育ちがいいですね

「ミツマタ」は花がなくなり、勢いのある葉っぱだけになっています。暑い夏を越して大きく成長してほしいです。3年後くらいには小さな群生地になってくれるとうれしいなぁ。

来年に期待です

これから京都府南部は梅雨に入ります。苗が成長する時期ですので、次回の訪問では苗の背がもっと高くなっていることでしょう。

次は畦が見えなくなっているかも

2022年7月の西山の棚田

7月17日の西山の棚田は、苗が育ってかなり伸びていました。田んぼの水面が見えなくなっています。

2022年7月17日フサフサしてます

棚田らしさが高まった風景になっています。成長中の緑が美しい。

ピーンと直線に並んでいます
多くの人がイメージする「棚田」の風景!

遠くに見える南側の棚田も苗がすくすくと育っています。

まだまだ続いています

引き気味で見ると、緑の絨毯が広がっていることがわかります。時折り風が山側(北側)から吹くことで、育った苗がそよそよと揺れるのも風情があります。

毛足の長い緑の絨毯

棚田の展望公園に植えられている「ミツマタ」ですが、こちらも根付いたようで夏の準備に入っていました。

夏の準備に入っています
来年も咲きそう

天気予報では雨雲が夕方から近づいてくると言っていましたが、お昼過ぎなのでまだまだ快晴。

青空いっぱい!山近し

足元を見ると木の幹に苔が育ってきていました。かなりしっかりとくっついています。

苔が繁殖中

さらに、足元を見ると木漏れ日が当たる部分の多肉植物が、めちゃくちゃ元気に成長中。水はけが良くて、風も適度に当たって、太陽の日が強すぎずに当たる場所のようです。

斜面なので水はけが良いのでしょう
幻想的な雰囲気で撮影

棚田の展望公園から出発し、棚田と同じ目線から撮影してみました。

南側の棚田(JR関西本線側)
北側(山側)

青空と雲と苗の色合いが大変美しいポジションでした。都会では感じることが難しい、緩やかな時間の進み具合を体験できる場所です。

これから京都府南部や三重県西部は猛暑(酷暑)に入ります。苗がグングンと成長していく時期です。次回の訪問では苗が若い稲になっていることでしょう。

2022年8月10日の西山の棚田

8月10日の西山の棚田は、稲草が育ってかなり伸び、稲穂が少し垂れていました。

稲穂がお辞儀しだしてます

多くの人がイメージする日本の原風景に近づいてきています。

西山の棚田
南側(国道163号線側)

上から眺めると、穂が頭を下げるように垂れていることがわかります。

稲穂に成長しています

遠くを眺めると、棚田の美しさがわかると思います。

緑の絨毯
夏の空と棚田
電線のない風景

そして8月は、また新しい試みが行われておりました。「西山棚田米」の販売です。

ノボリが立ってました

バイクなので購入して持って帰るのは難しいですが、車で来たら買えるかなと思いまして、購入方法を探して見たところ、こういうチラシが東屋に置かれているのを発見。

販売方法の紹介

「ご入用の方はご連絡下さい。」と書かれているではないですか。でも、このチラシには連絡先が書いてありません。そこでもう一枚のチラシを見たところ

キャッチフレーズはあるんだけど・・・

現自治会長様まで連絡する必要があるということはわかったのですが、、、連絡先が書いてありません。購入できない・・・。

ということで新米の購入は諦めまして、展望公園の移り変わりを撮影しました。

山肌に咲く花
ホワイトジンジャー
夏のミツマタ

ここに到着する前、名張市~伊賀市を通過したのですが、その時は一時的な豪雨に見舞われました。しかし、ここは快晴。

展望公園から

ちょっと場所が変わるだけで天候が変化します。訪問される方は雲の流れにご注意ください。

信楽方面は快晴

来月9月は稲刈り時期に入っているはずです。次回の訪問では稲穂が大きく垂れていて金色の絨毯になっているか、既に稲刈りが終わっているか。

2022年8月28日の西山の棚田

8月二度目の棚田訪問。8月28日の西山の棚田は、、、稲刈りが始まっていました。

稲刈り実施中

棚田全体が黄金色になっているところを見たかったのですが、タイミングを逃しました。

残っているところもあり

稲刈りが順に行われています。次々とコンバインが刈り取っています。

コンバイン大活躍
先日の豪湯で稲が倒れてます
奥の方は、まだ稲が残ってます

翌日になれば、ほとんどの稲は刈り取られていることでしょう。

軽トラも活躍中

そう考えると、一歩手前のタイミングで訪問できたのは運が良かったということです。

モンキー125とZ125PRO

棚田を訪問した後は、広域農道~県道50号線~国道422号線を走って帰りました。

コリドールロードへ向かって走行中
コリドールロードへ入る手前
県道50号線
国道422号線

さて、9月の西山の棚田は、どんな風に変わっていることでしょう。

2022年9月17日の西山の棚田は新米紹介

すでに稲刈りが終わっていますので、もしかすると新米が購入できるのではないかと思いまして、2022年9月25日(日曜日)に開催される「西山産 農産物直売会」のお知らせに記載のあった電話番号へ連絡させていただきました。

2022年9月25日開催

気さくで丁寧な方が電話に出ていただき、精米5kgを2つお願いしました。電話したのが9月15日。引き取りに行くのが9月17日のAM11時とお約束させていただきました。

当日は、西山公園(棚田の近く、西山公民館の南向かい側)で待ち合わせ。

公園は広い

10分くらい待っていただき、遅れて私たちが到着。無事お会いし購入できました!

持ち帰って、まずは新米を撮影。

前日に精米してもらったようです
西山の棚田のイラストがパッケージ

その日のうちにさっそく炊飯。炊き立てのご飯を見ると艶が違います。そして、ひとくち食べるとわかりますが甘いんですね。スーパーで販売されているコシヒカリとは違います。

ご飯が大好きな方は購入してみてください。5kgだったらバイクでも積んで走れます。10kg袋はキャリアがハンターカブみたいにゴツイなら大丈夫。

2022年9月25日の農産物直売会でも販売されるということですので、当日訪問すれば5kgまたは10kg(以前は3kgもあったらしい)の新米が購入できます。※農産物直売会は、私たちが待ち合わせした場所(西山公園)で開催されます。

2022年11月13日の西山の棚田

11月13日の西山の棚田は、、、来年の稲作のための準備状態に入っていました。

お休みのところと準備のところ
虫が出てきて鳥が喜びそうな状態
南側まで準備が進んでいます

いわゆる“土づくり”と呼ばれる期間です。

公園の下から撮影

展望公園の植物も来年に向けての準備に入っています。ミツマタは来年の開花に向けて、すでに花芽が成長していました。

ミツマタの蕾

このままの状態で寒い季節を過ごし、来年の初春に花が咲きます。

ミツマタとZ125PRO

展望公園のまわりの木も紅葉が始まり、養分を根に蓄えつつあります。

色づき始めてます

そして、今回変化があったのが「梯子を登る人」が代替わりしたことです。こちら、前回までの「梯子を登る人」です。

2022年10月まで登っていた人

今回代わった「梯子を登る人」です。

2022年11月からの人

背が高くなりましたが大きな違和感はありません。というのも、この人、以前は東屋でクマのぬいぐるみを抱いていた人です。

最初見たけれど最近見なかった

キリッとした表情です。性別は不明。ジェンダーレス。

時代に合った人選です

気になったのが着用されているブルゾン。奈良のバイク店「MUKAI」さんのものです。

Crazy Motor Works MUKAI

ドリームホンダでもなく、カワサキプラザでもなく、アルパインスターでもデグナーでもなく、MUKAIを選ぶとは。これは「西山住民はわかっているよ」という意思表示ではないでしょうか。そしてライダーへ「集まってほしい」というメッセージと勝手に解釈しました。

また、梯子の位置も以前より道側へ出てきています。ライダーの目にも止まりやすくなりました。ライダーはここで休憩して西山の景色を楽しんでください。

道から見えやすい

少しずつですが、11月後半に入るとお正月の準備が始まります。しめ縄とか門松とか、干し柿とか御餅とか、自宅で作っておられる農家さんもあると思います。スーパーの広告ではなく人の生活で季節がわかる。これが都会とは違う郊外の良いところです。